ホーム > ホワイトイン高崎の魅力

WHITE IN TAKASAKI について

高崎神社の想い出から、日本のおもてなしを創造する

歴史や伝統はそのままに。隣接する祝宴の舞台が新たな姿へと、日々生まれ変わっている。
目指すのは、誓いを交わしたふたりが、いつでも家族を伴い帰って来れる場所。
宴会場、ブライダルサロン、ロビーが次々と変貌を遂げ、洗練と和の薫り息づく上質空間に。
一歩入るだけで心安らぐ世界には、まさに心のふるさとの風情が漂っている。

ホワイトイン高崎の名称について

打掛は白無垢、ウエディングドレスも白がベース。ご結婚に最も縁のある色が白色で、また若人の最も憧れる色も白色であるといわれます。

シンボルマークについて

高崎神社の社紋は左巴で、左巴は水が勢いよく湧きいでて 旋回する形を成し、豊かな生命力の躍動を表します。幸せのしるしである四つ葉のクローバーが、二つ重なった形をなし、二倍の幸せを象徴するよう現代風にアレンジしました。

For you, For your Guest

高崎神社・高崎ホワイトインは、高崎の歴史を刻む「OMOTENASHI RESORT」へ進化する

1243年の鎌倉時代から769年続く高崎神社。
高崎の歴史と112年の歴史を誇る「TAKASAKI WHITE IN」は
「こころのふるさと」として永遠に存在します。
ご夫婦とともに時を刻むため、
「OMOTENASHI RESORT WHITE IN TAKASAKI」として
進化していきます。

おふたりのおもてなしの気持ちを伝える料理を

「おふたりのメニューが語り継がれるものになるように」

披露宴は、夫婦となったおふたりをお祝いする場所。
同時に見守ってくれたゲストの方々に、感謝の気持ちを伝える場所です。
大切な方々に最高のおもてなしをしたい、そんなおふたりの想いを込めたおもてなし料理は単なるオリジナル料理ではありません。いつまでも忘れることのない、おふたりだけの大切なメニューなのです。だからこそ祝宴に並ぶおふたりのおもてなし料理は、代々語り継いでゆくことが大切だとわたしたちは考えます。

婚礼料理について
ページの先頭へ