高崎神社

お知らせ

年中行事・しきたりアーカイブ

2012.03.03

年中行事 ひな祭り

3月3日は「ひな祭」です。

「ひな祭」の起源は平安時代にまでさかのぼります。
昔の日本には五つの節句がありました。
○人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
○上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
○端午(たんご) → 5月5日「端午の節句」
○七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
○重陽(ちょうよう) → 9月9日「菊の節句」(「菊の節句」は現在はなくなっております。)

この節句という行事が貴族の間では季節の節目の身の汚れを祓う大切なものでありました。
「上巳の節句」が、現在の「ひなまつり(桃の節句)」にあたります。
厄を人形に移して祓った「流し雛」の風習が発展し、
雛人形を飾り、女の子の健やかな成長と幸せを願う現在の「ひな祭」となりました。

2012.02.03

年中行事 節分

「鬼は外、福は内」

2月3日は「節分の日」です。

節分は季節の分かれ目の意味があり、元来「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日をさしておりました。特に立春の前日をさすようになったのは、冬から春になる時期を1年の境と考えられたためといわれております。

節分の日には、炒った大豆を撒き、蒔かれた豆を自分の年齢の数だけ食べます。
豆を撒くことには、鬼に豆をぶるけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いが込められております。

2011.12.20

正月飾りについて

暮れの大掃除、新年の飾り付け、新年用の買い物など、何かと多用な年始年末。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、正月飾りについて少しお話いたします。

門松、注連縄飾り、鏡餅などの正月飾りは、28日までに飾るようにいたします。
29日は「苦」に通じることから避け、
31日は「一夜飾り」と申しまして神様をお迎えするのに
一夜限りでは失礼なことから、やはり避けます。
26〜28日、遅くても30日には飾り終えましょう。
「松の内」期間中飾り(元日から7日まで)、はずした飾りは
小正月(一般的に1月15日)に行われるどんど焼きなどで燃やします。

2011.11.15

年中行事 七五三

11月15日は「七五三」です。

三歳、五歳、七歳を一つの節目として、子どもが無事に育ったことを祝い、健やかな成長を祈る儀式として神社や氏神にお参りをする行事が定着したのが七五三だと言われています。
もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。

三歳になると剃っていた髪をのばしはじめる「髪置の式」という儀式を
五歳には男の子が碁盤の上で吉方に向けて袴を着ける「袴着の式」という儀式を
七歳は女の子の着物が、それまでの付け紐を取り去り、着物の脇をふさいで帯を締める「帯解の式」という儀式を行っていたことに由来します。

子どもたちは晴れ着に身を包み、千歳飴を持って家族に連れられ、神社にお参りし、記念撮影をするのが一般的です。
昔は数え年で七五三を祝っていましたが、現在では満年齢でも祝われます。
お参りする日も、11月15日にこだわらず、その前後の祝日など、都合の良い日に行われております。

当神社は予約制ではございません。
お参りご希望の方は、直接社務所へとお越しくださいませ。
受付順に随時、お承りさせていただきます。
尚、受付時間は、午前9時30分〜午後4時までとなっております。

また、ホワイトイン高崎では、記念写真やご会食もお承りしております。(※完全予約制)
予約は直接、ホワイトイン高崎へお願い致します。
TEL:027-325-5858
メール:information@takasakijinja.or.jp

2011.08.13

年中行事 お盆

8月13日〜16日は「お盆」です。

「お盆」は、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式です。
先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、再びあの世に帰っていくという日本古来の信仰と仏教が結びついてできた行事です。

■13日(迎え盆)
お墓参りにゆき、お墓で線香をつけ、その火を提灯に移して持ち帰ります。
お墓から家まで精霊を案内します。このように、お盆は精霊を家に迎え入れる事から始まります。

■14日・15日(盆中日)
精霊が家に溜まっている期間です。
お盆中は、灯明を絶やさず、三度の食事は家族と同じものを供えます。

■16日(送り盆)
16日の夜に、精霊は再びあの世へ帰っていきます。
この時、「送り火」を焚いて、精霊のお見送りをします。

ページ上部へ