高崎神社

« 保守的精神の昂揚を日本独自の方途を求めて | メイン

未曾有の大惨事に直面して 〜日本再生の端緒となるか〜

 東北三県を主として、東日本を襲った大地震、続いて夢想だにしない巨大津波の来襲、罹災地は言語に絶する惨状を呈し、更には福島第一原発の爆発、原発の爆発は、これからいかに推移するか予断は許されません。我が国の行く手、まさに危うき観となりました。
 古くからのたとえに、禍を転じて福となす。と言われます。この未曾有の艱難を試練として、この試練に耐えることが、日本再生の端緒となるように切願いたします。この大災害を試練とすることによって、日本再生の端緒が開けるのではないかと、期待するのであります。
 明治中期の論客として、その名を馳せた山路愛山が、徳富蘇峰が主宰する総合雑誌「国民之友」で、「日本人は遠い昔から、美しくてやさしい自然のふところにはぐくまれて、美しくやさしい人であるように養育されてきた。」との旨のことを、述べております。
 未曾有の大災害を被りながら、パニックや略奪もなく秩序が保たれていると、世界各国のメディアは称賛しました。又、平素は家庭においても、地域社会にあっても、睨み合ったり、啀み合ったりしたこともあったであろう人達が、互に助け合い、支え合って相互扶助の精神を発揮しました。山路愛山のいう、美しくやさしい自然にはぐくまれた、美しくやさしい日本人の心が鼓動しはじめたのであります。
 戦後、経済成長と相俟って、急速に普及した個人主義は、利己主義に落ち入り、家族の、親子の、地域社会の、国民としての絆は、不確かなものとなりました。
 又、戦後はアメリカナイズ一辺倒となり、アングロサクソン的発想であり、日本人の民族性には背理する筈である市場原理主義が跋巵することとなり、世情は殺伐となりました。
 今年一月十九日、県若鳶会の創立五十周年の奉告祭を執り行いました。祝詞で、「大江戸八百八町なる人の棲家を消火の手段で守りつつ、正義に根差す男意気を以て、義理人情を尊びし、江戸の消火の流れを汲む鳶なれば、今の世間に義理人情の心をば、甦らす魁となりて・・・」と、江戸の消火の流れを汲むのであるならば、江戸の文化でもある義理人情の心をば、今の世間に甦らせてもらえないか。と述べたのであります。
 江戸の文化でもある義理人情の心が、今の世間に受け継がれていたならば、家族、親子、地域社会、日本人としての絆は、確としていたでありましょう。弱肉強食の市場原理主義は罷り通らなかったでありましょう。
 戦後、占領軍の政策と相俟って、失ってしまったもの、捨ててしまったものを取り戻すことによって、戦後を脱した新しい文化が形成されるのであります。
 大地震、巨大津波、原発の爆発がもたらす艱難辛苦に直面して、ただ嘆き狼狽えるばかりではなく、この試練をバネにして進化して行くことが、我が国の伝統的な在り方であると言えます。世の中の進化は、生存競争とか、闘いによってなされるものではなく、自発的に助け合い、支え合う本来の美しくやさしい人間性によって、進められるべきなのであります。
 この大災害を契機として、戦後の悪弊から脱却し、美しくやさしい自然に育てられた、日本人本来の美しくやさしい心が、日本中に伝播したならば、戦後は災後(大災害の後)によって一新し、日本再生の端緒が開かれると、期待するのであります。
 この大災害で犠牲となられた数多の方々の御冥福をひたすらお祈り申し上げます。犠牲となられた方々は、遺されたご家族のこと、又ご子孫の行く先が何よりもご心配のことでありましょう。国民が一体となって、被災地の復興を推し進めることが、この念に応えることになります。

line

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.takasakijinja.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/873

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ上部へ